盛り塩とは??

飲食店や一般家庭の玄関、水回りや入り口にお塩が盛られている事がありますよね。

これがいわゆる盛り塩で、正しいやり方で行えばマイナスエネルギーや邪気を取り払ってくれ、開運を呼び込んでくれます。

お塩は古来よりお清めやお祓い、お供えとして使われてきて、厄を清める作用、開運作用などがあるとされております。その塩を家や土地、厄払いに使用する事は風水の中では常識とされ、毎日の生活に取り入れる方も増えております。

体調が優れないとき、不運が続いたとき、ストレスが溜まっているとき、お塩はあなたについた厄を祓ってくれる役割をしてくれます。

家の中でなんとなく、居心地が悪い場所などにも盛り塩をするとよいでしょう。

盛り塩は簡単にできる浄化、厄払い、開運といえるでしょう。

 

盛り塩の由来って?

ルーツ1 中国に伝わるお話

盛り塩は中国の故事に由来されているといわれてます。

秦の始皇帝はたくさんの女性がおり、毎晩女性を尋ね渡り歩いておりました。その女性達はなかなか来てくれない始皇帝を待たなくてはなりません。

そんな中、賢く美しい女性がおり、始皇帝が乗る牛車の好物であったお塩を家の前において長くとどめようといたしました。計画は上手く行き、女性の家の前で牛が立ち止まり、そこに長居をして、皇帝もその女性の元に留まるようになったとか。その女性は皇帝からの寵愛を受けたというお話です。

このことから、軒先にお塩をおくことによって、客を招く、福を呼び込むなどいわれるようになったとされております。

ルーツ2 神様へのお供えとして

日本ではお祓いや弔い、神様へのお供えとしてお塩が使用されていました。奈良、平安時代には人々が家の戸口に塩を盛る習慣があったそうです。

客の足をとめる縁起モノとして盛り塩が広く普及したようです。そして、家や敷地内に神聖なお塩で盛り塩をすることで、そのパワーが大地や家、そこに住む人々に宿ると考えられていたそうです。

伊勢神宮では形あるものをお供えする風習から、型に入れて焼き固めた堅塩を三角錐に割ってお供えしており、そこから、全国の神社に広まって多様な盛り塩の形が生まれたのではないかとされています。

お清めのお塩

昔は人が亡くなるということは災厄とされていました。

また、伝染病で亡くなった方を葬った方が同じ病気にかかり亡くなったりした場合、災いといわれていたそうです。

その災いを封じる方法として、お清めとしてのお塩です。
その頃からお塩は殺菌効果があると知られていたようで、自然とお葬式などの時に用いられるようになり、また、浄化、お清めとして広く習慣づいたようです。お清めとして土地にお塩をまいたりもしてたそうです。

お塩にまつわるストーリー

「敵に塩を送る」って言葉がありますよね。これは、戦国時代のお塩にまつわるストーリーから来ております。

1567年 武田信玄は今川氏との同盟を破棄して、東海方面への侵略を企てます。領内に入られた今川氏は北条家の強力のもと、武田家領内へのお塩が入らないように「塩留め」をいたしました。武田家の領土は海に面しておらず、塩が供給されないと、領民は苦しむ為です。

これを見かねた越後の上杉謙信は、武田家とは長年の敵対同士であったにも関わらず、武田領内の人々の苦しみを見過ごす事ができずに、武田領内へお塩を送ることにしました。また、このお塩も高値で取引がされることのないように調整したともいわれています。

お塩は生きる為に必須のものであります。