風水では、一般的な刃物については、

1.刃物は金をつかさどる。したがって、手入れが悪く、さびたものを持っていると金運が落ちる。

2.出しっぱなしの刃物は、人間関係を悪くし、喧嘩などが多くなる。

などが言われています。

 

包丁などはしっかり手入れをして、眼につかないところに閉まっておく方がよいとされています。

 

しかし、日本刀などの刀はまたちょっと変わってきます。

日本刀は、刀工が斎戒沐浴し、一切の邪念を払い打ち上げる 「霊器」「神器」としての一面があり
三種の神器の一つにも含められています。つまり、邪気払いとして昔から考えられてきたのです。

また、棺の中にいれたりもしました。これも日本刀が邪気を払うと考えられていたからです。

つまり日本刀は邪気払いとして風水上でも効力があるとされています。

 

風水上 刀を置いても良い方角と悪い方角

必ず鞘に入れてください。
風水上、刃物を出しっぱなしにしておくのはよいとされていません。

また、方角ですが、家族構成によります。居ない人の場所には置いてよいです。逆に居る人の場所には置かないようにしましょう。

父ー北西
母ー西南
長男ー東
次男ー北
三男ー東北
長女ー東南
次女ー南
三女ー西

例えば次女、三女がいなければ、南と西に置いても大丈夫です。

方角は家の中心からみた方角となります。家の中心に立って方位磁針で調べてみてください。

日本刀についてどこに置こうかと悩まれている方は、ぜひご参考にしてください。