お財布は金運アップの為にも、1年もしくは3年毎に買い換えた方が良いとされています。(ただし、汚れが激しい場合は、年数に限らず買い換えた方が良いです)

 

さて、新しい財布を買ったのは良いのですが、古い財布はどうすれば良いのだろうか?

 

ここでは、財布の捨て方について述べたいと思います。

 

古い財布を白い紙などに包む

 

まず、捨てる古い財布を白い紙や和紙などに丁寧に包んでください。間違っても、そのまま古い財布を粗末に捨てることのないようにしてください。今までの感謝の気持ちを込めて、捨てることが大切です。

 

古い財布の捨てる場所

白い紙に包んで今までの感謝の気持ちがあれば、ゴミ箱に捨てても良いのですが、一番は水気のある場所です。水気があることによって、金運を膨張させて新しい財布に富を呼び込みます。尚、水に流す(川に流す)の良いらしいのですが、環境のことを考えると、避けた方が良いかと思います。

NGの場所は、他人の土地に捨てる、埋めることです。

 

神社に持って行く

あとは神社ではお札やお守りを回収してくださいますので、こちらにお財布もお願いするという方法です。

まとめると、白い包み紙で古くなった財布を感謝の念とともに包み、そして神社に持って行きお願いするのが一番良いかと思います。