風水にこだわる方なら玄関は南向きに限る!と思われているかと思います。

いろんな説がありますが、風水では門を南に玄関は南東が理想的とされています。南の明るい空気と東の活発な気の流れを取り込めるからです。

また、門と玄関の方位で影響を受けやすいのは、家庭と社会運で、特に大黒柱となる主人の仕事運に関わってきます。

 

さて、玄関の方角と運気について見てみましょう。

玄関の各方位と運気について

●南東向き

最高の方角です。強い陽の気が家族全員の社交性を活発にして事業運にも恵まれるようになります。風通しを良くしておくことがポイントです。

 

●南向き

南東に引き続いて良い方角です。社会的地位を得たい方や、学術や芸術方面で成功を収めたい方には良いです。光り物がラッキーアイテムなので、クリスタルや金属製の置物をおいておくのが良いでしょう。

 

●東向き

こちらも南東に続いて良い方角です。発展をもたらす陽の気が降り注ぎ、幸運を招きます。健康運や交際運が良くなるでしょう。音のするものや木製のものを置いておくと良いでしょう。

 

●北向き

一番良くない方角のように思われがちですが、まずまずといった方位です。陰の気が強いので、できるだけ照明を明るくしたり、暖かいカラーのグッズを取り入れたりして、冷えないように気をつけておきましょう。北向きの玄関は悪いイメージがありますが、暗く、寒い感じにさせなければ良いといったところです。

 

●北西向き

まずまずの運気の方位ですが、元々は主人の寝室に向いている方位なので、こちらを玄関にすると、主人はゆっくりとできず、仕事が忙しかったりで家にいることが少なくなります。後、靴を出しっ放しは良くありません。特に整理整頓に気を付けてください。

 

●西向き

西は金運に関わる方角です。ですが、非常に使い方が難しく誤ると浪費につながりますので、気になる方は専門家に診てもらった方が良いでしょう。欠けのある玄関は要注意です。しかし、玄関の方角を変えるとなるとかなり大掛かりですし、不可能な場合もありますので、その場合は浪費を防ぐようなアイテムで工夫すると良いでしょう。

 

●北東向き

特に避けたい表鬼門と呼ばれる方位です。できるだけ避けた方が良いのですが、やむおえない場合は扉を他の方向に向けたりしたり、白いものを置いたりしましょう。ですが、鬼門ですので、やはり専門家に実際に家をみていただいて、対策をされた方が良いでしょう。

 

すでに建てられている場合は、玄関の方位を変えることは難しいですが、その場合はラッキーアイテムやラッキーカラーを取り入れて対策をすることで、運気改善を目指しましょう。

 

玄関の各方位とインテリアについて

玄関に合わせたインテリアは「玄関ー良い気の入り口」の記事へ

私の家の玄関は東向きですが、ドアに神社で買った鈴をつけたり、できるだけ靴をしまったり、玄関を綺麗にすることを心がけています。 玄関の方位向きにあった対策を行うことで運気改善を図るようにしています。

>家の方位をみる風水方位磁針もございます。