工事の着工前に地鎮祭を行う方も多いかと思いますが、マンションや中古住宅の場合、すでに家が建っているわけですから、地鎮祭ができません。

その代わり、家祓いをすることは可能です。

先日、私は近所の神社にお願いして、築53年のリフォームした家の家祓いをしていただきました。やり方は地鎮祭とほぼ同じような感じです。

家のリビングなどスペースがあるところに南向きに祭壇を作り、そこに海のもの山のもの、お塩やお酒をお供えします。真ん中に神棚とお札です。この神棚とお札はそのままいただけます。神棚を家に祀っておくようになります。

神社の方が4つ程の儀を行い、すべて済んだ後に家中をお祓いしていきます。特に気持ちが悪いと感じるところは念入りにしてくれるようです。その家は特にそう言った場所がなかったので、全体的にやっていただき、家内安全を祈祷していただきました。

その日はあいにくの雨でしたが、神社の方に伺ったところ、特に天気は影響がないようです。個人的には雨降って地固まるとも言いますので、悪くはないと思います。

 

地鎮祭の日取りについて

元々、神道と六曜(大安、先勝、友引など)は別物なので、あまり関係ないという説もありますが、これについては、神社にお伺いした方が良いかと思います。その神社によって多少考え方が異なる場合もあるかと思います。

私がお願いした神社は日取りよりも本人の都合を重視するようで、ご都合の良い日でいいですよ、とのことでした。特に希望日がないので日取りが良い時でやっていただきたいとお願いしたところ、近いところだと友引の午前中ということでした。先勝は良くないと仰っていました。

気にされる方は、仏滅を避けて、大安、友引が良いでしょう。ただ日取りについては、神社とご相談されると良いかと思います。

 
今回、初めて家祓いをしていただきましたが、私的には気持ちがすっきりとして、またその後から少し運気が上がった気がします。良いことが続いています。

最近、家に不運続きだとか問題が多い、家がなんとなく気持ち悪いとかある方は、家祓いをお願いしてみるのも良いかと思います。私の場合は、そのようなことはなかったのですが、20年ほど空き家だった家でしたので、この家の地に眠る神さまにご挨拶をしておきたかったから行いました。引っ越しではご近所さんにご挨拶をするように、これからお世話になる家と土地にご挨拶をするのも良いかと思います。

 

地鎮祭や家祓いの気になる費用は

これも神社によって異なりますが、私の場合は家祓いで合計で3万5千円でした。高くもなく、安くもなく、妥当なお値段だと思います。出張費が含まれるそうです。神社にご相談された時、費用についても聞いておけば良いでしょう。ご参考にされてください。 ちなみに、お供えに使った果物やお野菜はそのままいただけました。^^